疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

万病のもと?!活性酸素の原因から除去方法までを徹底ガイド

活性酸素の除去。水素水のチカラとは?

水素が活性酸素の除去に効果的な理由と、水素水の優位性について説明します。

水素が悪玉活性酸素を選んで除去!

体内に取り入れられた酸素のうち、約2%が活性酸素になると言われます。しかし、この活性酸素のすべてが体に悪いわけでなく、体内に必要な活性酸素もあります。つまり、活性酸素には善玉と悪玉があるのです。

善玉活性酸素(スーパーオキシドなど)は、外部から体内に入れ込ん細菌などの有害物質を除去すると言われています。また、免疫力の向上にために欠かせないとも言われています。一方で、悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカルなど)は強い酸化力を持ちます。細胞に損傷を与えて病気の原因を作り、さらには体の老化を早めると言われています。

これら善玉と悪玉の活性酸素は、それぞれ性質が異なります。性質上、善玉は水素とはくっつきません。それに対して、悪玉は水素と積極的にくっついて水となります。当然、水は無害ですから、必要な水は体内に吸収され、不必要な水は体外に排出されるというわけです。

水素が細胞膜に浸透!体内循環が早い

活性酸素を除去する作用を、抗酸化作用と言います。抗酸化作用を持つ成分は多く発見されていますが、それらの中でも水素は、唯一、水にも油にも溶ける性質を持つことで知られています。

つまり、水素は水溶性でもあり、脂溶性でもあるのです。細胞膜から浸透し、細胞の中まで届くという根拠は、ここにあるのです。ほかの抗酸化作用を持つ成分、たとえばビタミンCやビタミンAは、性質上、細胞の中に直接入り込むことはできません。

また、ほかの抗酸化作用を持つ成分は、体内に取り入れられた後、いったん胃腸で吸収されて、血液を通じて体内に循環します。一方で水素は、細胞の中に自ら直接入り込む性質を持つので、短時間で体内の隅々まで行き渡ることが可能です。脳まで浸透するというから驚きです。

水素水、水素サプリ、水素スティックの違い

水素水、水素サプリ、水素スティック。これらの中で最も効果的なのは、水素水と言われています。

水素サプリを水に溶かした実験では、水素水よりも濃度が低いことが推定されています。また、水素スティックの場合、1ヶ月ほど効果が持続すると言われていますが、当然ながら開封後は徐々に水素濃度は低下していきます。

いずれも水素を含むものとして、一定の効果は期待できるのですが、その安定的な濃度を基準とした場合、水素水に優位性があると言えるでしょう。