疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

万病のもと?!活性酸素の原因から除去方法までを徹底ガイド

除去する方法

老化や生活習慣病、癌などの症状を引き起こす可能性を減らすために、活性酸素を除去する方法や抗酸化機能の力を引き出す生活の工夫を紹介しています。

年齢とともに増える活性酸素の恐怖

活性酸素は正常な細胞を破壊することで、人間の体にさまざまな悪影響をもたらします。活性酸素は呼吸するだけでも体内で作り出されてしまうため、これを根本的に防ぐ方法はありません

しかし、体の中には活性酸素を分解して無害にするSOD(スーパーオキシドディスムターゼ:活性酸素除去酵素)やカタラーゼグルタチオンなどの抗酸化物質が存在するため、通常は活性酸素と抗酸化物質のバランスが維持されて大きな健康被害を引き起こすことにはなりません。

SODなどの抗酸化物質の体内生産量は年齢とともに減少していくので、高齢になるに従って活性酸素の体内残留量が増え、細胞破壊による老化・疾病などの原因が生み出されます。

活性酸素を減らすための生活の工夫とは

体内の活性酸素を減らすためには、活性酸素の生産量を抑制する体内の抗酸化物質を増やすという2通りの方法が有効です。

実際の生活の中で活性酸素を減らすためにできる工夫の例を見てみましょう。

食生活の見直し

日本で活性酸素の害が表立って取り上げられるようになったのは、ここ10年ほどのことです。その背景には食生活の欧米化によってレトルト食品など添加物を大量に含んだ食事の普及や、古い油を使った揚物・ジャンクフードなどが食事の大きな割合を占めてきたことが関係しています。

食事のほかにも塩素を投入した水道水の飲用など、活性酸素が増える原因はたくさんあります。活性酸素の生成を抑制するためには、これらのジャンクフードやレトルトなどの出来合い食品を避け、季節にあった新鮮な食材を摂取する食生活を心がけることが大切です。

また、食品の中には抗酸化作用がある成分を含んだものも少なくありません。食事として体内に取り入れることで、抗酸化作用が期待できる成分を上げてみましょう。

  • ビタミンC

ビタミンCは血液中に含まれる活性酸素を除去する強い働きを持ちます。レモンやいちご、緑黄色野菜などビタミンCを多く含む食物を摂取することで、体内の抗酸化力を高めることができます。

  • ビタミンE

ビタミンEは細胞膜の酸化を防ぐ働きを持っています。細胞膜は活性酸素によって酸化されやすい不飽和脂肪酸で作られているため、活性酸素が体内で過剰に生産されると細胞膜が傷つき様々な老化現象を引き起こします。

ビタミンEはこの老化現象を防止するため「若返りのビタミン」とも呼ばれています。ビタミンEはゴマやウナギ、ピーナッツなどに多く含まれています。

  • 亜鉛

亜鉛は体に必須な成分で、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。食品添加物の中には亜鉛の働きを阻害したり体外に排出してしまう性質を持つものがあるため、食品添加物を多く含む加工食品中心の食生活では亜鉛が欠乏することがあります。

亜鉛は牡蠣(かき)やレバー、ビーフジャーキー、パルメザンチーズなどに多く含まれているので、意識してメニューに加えるようにすると良いでしょう。

  • セレン

抗酸化物質の生成に欠かせない成分がセレンです。ミネラルの1種で、亜鉛と一緒に摂取すると効果的です。イワシの丸干しやシラス干し、小麦胚芽などに多く含まれています。

  • プロアントシアニジン

活性酸素によって傷つけられた皮膚の成分、コラーゲンやエラスチンと結合してダメージを修復する働きがあります。ブドウの種子に含まれる成分で、赤ワインにはたくさんのプロアントシアニジンが含まれています。

  • カロテノイド

強い抗酸化力をもつことで知られるリコピンもカロテノイドの1種です。緑黄色野菜など、植物に含まれる色素成分です。

  • カテキン

緑茶に多く含まれている成分で、抗酸化作用があります。最近の研究では脳内の活性酸素を除去する働きが注目されています。

適度な運動

体内で生成される抗酸化物質の量は、運動量が増えるとそれに伴って増えることが知られています。しかし運動によって呼吸量が増えると活性酸素の生成も増加するので、過度な運動は逆効果です。

特に、一気に激しい運動をした場合は活性酸素量ばかりが増えて体内の抗酸化物質を浪費してしまうため、毎日の生活の中で体に無理がかからない程度の運動を習慣的に行って、抗酸化物質を蓄積する心構えが必要です。

睡眠の質を高める

活性酸素が増えて正常な細胞を傷つけるのは、体内の抗酸化物質が不足しているためです。

特に、強力な抗酸化作用を持つと言われるホルモンの1種メラトニンは夜眠っている間に分泌されるので、充分な睡眠が取れない状態では分泌量が減少して抗酸化力を減らしてしまいます。

メラトニンに限らずSODなどの抗酸化物質も、正常な体の機能として体内で生成が行われます。不規則な睡眠や浅い眠りで睡眠不足になると体のリズムも壊れ、抗酸化物質の生成が阻害されてしまうことが考えられます。

規則正しい睡眠習慣で毎日の疲れを癒すことが、活性酸素予防の基礎になります。

ストレスをためない

ストレスが体に精神的な害をもたらすだけでなく、肉体的にも大きな影響を持つことはよく知られています。ストレスを感じると人間の体はストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンを分泌します。

またストレスによる緊張状態は血行を阻害し、その後緊張状態が緩和されると一気に血流が増えることが解っています。体内で行われるこれらの働きには全て酸素が消費され、副産物としての活性酸素が生み出されます

副腎皮質ホルモンでは分泌と分解の際に、緊張状態の血行が再開される際にも大量の活性酸素が作り出されて体内に蓄積されます。ストレスは活性酸素を除去するビタミンCも消費してしまうため、相乗作用によって活性酸素の体内残留量はさらに増えてしまいます。

睡眠の改善によるストレスの解消とともに、ストレスを受けにくい環境やストレス発散の方法など、個別に工夫することが活性酸素による老化・疾病を防ぐことにつながります。

いま注目の「水素」で活性酸素を除去する方法を紹介!

活性酸素を除去するために有効な方法として今注目されているものに「水素」があります。

水素と聞いても「燃える気体」というくらいの知識しかなく、そんなもので活性酸素が除去できるなんて信じられないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、水素が活性酸素を除去することは、長年の研究によって立証が続けられてきました。そもそもの始まりは1950年代のアルカリイオン水に端を発しています。

アルカリイオン水の効能効果については、1965年当時の厚生省薬務局長から各都道府県知事に向けて「消化不良・慢性下痢・胃酸過多・胃腸内異常発酵」に効果があるものと通達が送られています。

その後、アルカリイオン水は電解水として糖尿病による足の壊死を改善するなどセンセーショナルな報道が行われ、国民生活センターなどの要請を受けた厚生労働省は電解水の効果を検証するために外郭団体として財団法人機能水研究振興財団を設立(1993年)した経緯があります。

1995年には台湾大学によって電解水が活性酸素を除去することが立証され、1996年に九州大学で電解水中の活性水素の研究が始まります。

電解水はその後「電解還元水(水素水)」と呼称を改め、電解還元水中の水素が活性酸素を除去する働きがあることについては2007年、東京都健康長寿医療センター研究所が世界で初めてNature Medicine誌で研究の成果を報告しています。

報告された研究結果には脳梗塞や心筋梗塞の障害が水素ガス吸引や水素生理食塩水の点滴によって抑制されたこと、臓器移植の際に水素溶存保存液が有効であること、高眼圧緑内障では水素溶存液の点眼で障害が抑制されたことなど多くの実例が紹介されています。

特に目を引くのは、パーキンソン病などの神経変性疾患や糖尿病の多様な症状に、水素分子を高濃度に溶存させた水(水素水)を飲むことで予防・治療効果が期待されるという報告です。

肺の放射線傷害や抗癌剤の副作用が、水素水によって顕著に抑制されることについても紹介されています。

活性酸素の原因や対策法をリサーチ

肌の老化や疲れ、生活習慣病などの原因となる「活性酸素」。発生する原因や対策方法、除去におすすめの成分などを徹底リサーチしたサイトです。

おすすめの「活性酸素」対策
 

水素水ランキングBEST3

第1位第1位

「クリスタル水素水」

水素含有量 0.8〜1.59ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら

第2位 第2位

「水素豊富水」

水素含有量1.1ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら

第3位 第3位

「サラスバ」

水素含有量0.6~0.8ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら