疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

万病のもと?!活性酸素の原因から除去方法までを徹底ガイド

活性酸素発生度をセルフチェック

普段の生活習慣によって活性酸素が発生しやすい危険度の目安になる、身体年齢のチェックシートを掲載しています。

身体年齢チェックシート

普段の生活習慣で、当てはまると思うものにチェックしてください。

コンビニやスーパーの惣菜など加工食品をよく食べる
煙草を吸う
お酒をよく飲む
激しい運動やスポーツをしている
外回りの仕事が多い
仕事や生活でストレスを感じている
空気が良くない地域に住んでいる

 

  • チェックが0個

活性酸素が過剰に生産される外的な要因はほぼありません

現状の生活を続けていれば老化や肌荒れの原因を作る活性酸素の発生は正常値に抑えられると思われますが、体内の活性酸素除去酵素の生成は体年齢とともに減少します。

周辺環境も時とともに変化しますので、油断し過ぎないようにすることが大切です。

  • チェックが1~3個

活性酸素が特に多く生産される環境にはないようです。

しかし該当する項目が1つの場合も、その項目に関わる生活習慣や生活環境が突出している場合、該当項目数にかかわらず注意が必要なことがあります。

該当した項目を中心に、もう一度生活習慣の見直しをする必要があるかも知れません。

  • チェックが4~6個

活性酸素が過剰に生み出されてしまう環境が整っています。すでに活性酸素によって細胞が破壊・酸化され始めていると考えた方が良いでしょう。

現在の生活を続けていると年々活性酸素の量が蓄積されて、老化や皮膚障害などを起こすばかりでなく病気を引き起こすことになるかも知れません。

チェック項目を見直して、改善しやすいと思われる項目から1つずつ危険度を減らしていく努力が必要です。

  • チェックが7個

すべての項目にチェックがついた人は、過去1年間以上その生活を続けていたなら既に体調の不良や疾病など具体的な問題に直面しているのではないでしょうか。

理由は分からないけれど体がだるい、疲れやすい、ぐっすり眠れないなどの症状がある場合は、活性酸素によって体が蝕まれていることが原因になっている可能性があります。

改善できそうな部分は改善して、活性酸素を除去するために効果が認められている水素水を飲用するなど、積極的な活性酸素対策が必要です。

活性酸素チェック項目の説明

活性酸素は体内に取り込まれたものに体が反応する際に発生します。活性酸素が発生しやすい物質が体内に取り込まれやすい環境で生活していると、過剰に生産された活性酸素が体の細胞を蝕むようになります。

活性酸素の発生を正常値に収める(活性酸素と除去酵素のバランスを整える)ためには、普段何気なく行っている行動や周辺環境も改めて見直すことが大切です。

  • コンビニやスーパーの惣菜など加工食品をよく食べる

コンビニやスーパーで販売している惣菜などの加工食品には、防腐剤や着色剤などの食品添加物が含まれています。

食品添加物は厚生労働省によって認可されている素材なのでそれ自体に毒性や害はありませんが、体に吸収されたあとに肝臓で分解される際、多くの酸素を消費して一部が活性酸素として蓄積されてしまいます。

肝臓に蓄積された活性酸素は肝機能障害の原因を生み出すこともあるので、特に注意が必要です。同様に野菜に含まれる残留農薬も、肝臓に活性酸素を蓄積します。

  • 煙草を吸う

喫煙によって体内にニコチンやタールが吸収されると、体はそれを異物と見なして免疫システムが活発になります。免疫システムは異物を撃退するために毒性のある活性酸素を作り出して攻撃するので、必然的に体内の活性酸素量が増加します。

また煙草の煙には活性酸素の1つである過酸化水素が含まれているため、喫煙によって過酸化水素も肺から吸収されてしまいます。体が作り出す活性酸素と煙から吸収される活性酸素のダブルパンチで、喫煙者の肺は深刻な被害にさらされることになります。

  • お酒をよく飲む

飲酒の習慣は適度ならば、体内の抗酸化物質の働きを活発にする働きがあります。しかし、過度の飲酒は吸収されたアルコールを分解するために、肝臓などの機能に害を与えることが知られています。

アルコールは体に吸収されると肝臓で、アセトアルデヒドを合成します。アセトアルデヒドの合成には酸素が使われるため、このとき不完全に合成された酸素が活性酸素として体内に残留します。

残留した活性酸素は肝臓の細胞を傷つけ、肝機能を障害する病変を引き起こすことがあります。

  • 激しい運動やスポーツをしている

活性酸素は呼吸によって生成されます。呼吸は生物にとって必要な生命維持活動ですが、呼吸によって取り込まれた酸素は全てがエネルギー代謝のために消費されず、2%程度は活性酸素になって体内に蓄積されます。

スポーツなどで体を動かすと細胞が多くの酸素を必要とするため、呼吸量が増加します。呼吸量が増加するとそれに伴って活性酸素の生産量も増加することになります。

適度な運動は体内の抗酸化物質を増やして活性酸素の働きを抑制しますが、過度な運動は抗酸化物質を浪費して活性酸素の働きを強めてしまいます。

特に高齢者では抗酸化物質の生産量が減少しているので、運動はほどほどに抑えた方が健康によいと考えられます。

  • 外回りの仕事が多い

仕事で外回りなど屋外に出ている時間が長い人は、紫外線の照射を多く受けます。紫外線は皮下組織に刺激を与えて、体内に蓄積されている活性酸素のスーパーオキシドや過酸化水素を有害なヒドロキシラジカルに変化させます。

ヒドロキシラジカルは活性酸素の中でも酸化力が非常に強く、皮膚のコラーゲンなどを傷つけてシワやシミ、くすみなどの原因を作ります。皮下組織のダメージは皮膚癌とも密接な関係があるので、充分な注意が必要です。

  • 仕事や生活でストレスを感じている

仕事や生活の上でストレスを感じることが多いと、体はストレスに対抗するために副腎皮質ホルモンの分泌を促進します。

副腎皮質ホルモンの分泌には酸素を必要とするため、分泌の過程で活性酸素が盛んに発生するようになります。分泌された副腎皮質ホルモンは体内で分解されますが、その分解の際にも活性酸素が生成されます。

  • 空気が良くない地域に住んでいる

工場地帯や産業廃棄物処理場のあるエリア、交通量が多い道路の周辺などに住んでいると、日常的に粉塵などで汚染された大気を呼吸することになります。

異物が混入した空気が体内に入ると、体内の免疫システムは異物を排除するために大量の活性酸素を作り出します。作り出された活性酸素の多くは体内の活性酸素除去酵素によって分解されますが、残った活性酸素は体の中に蓄積されていきます。

生活エリアを変えることは困難な場合が多いでしょうから、空気が悪い地域で生活する場合は活性酸素を除去する働きがある水素水などの飲用を検討すると良いでしょう。

活性酸素の原因や対策法をリサーチ

肌の老化や疲れ、生活習慣病などの原因となる「活性酸素」。発生する原因や対策方法、除去におすすめの成分などを徹底リサーチしたサイトです。

おすすめの「活性酸素」対策
 

水素水ランキングBEST3

第1位第1位

「クリスタル水素水」

水素含有量 0.8〜1.59ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら

第2位 第2位

「水素豊富水」

水素含有量1.1ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら

第3位 第3位

「サラスバ」

水素含有量0.6~0.8ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら