疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

万病のもと?!活性酸素の原因から除去方法までを徹底ガイド

活性酸素と加齢の関係

年齢とともに、活性酸素が溜まりやすくなっていく原因と対策について説明しています。

加齢によって活性酸素が溜まる理由

呼吸をするだけで体内に取り込まれてしまう酸化物質ですが、この活性酸素は加齢とともに体への蓄積率が高まっていく傾向にあります。

なぜなら、活性酸素を撃退する物質の量が老化の影響で減少してしまうからです。

もともと、人の体内には活性酸素に対抗する物質「スーパーオキサイドディスムターゼ」が作られ、常在しています。

しかしながら40歳前後から生成する力が弱まり、減少の一途を辿るのです。

この物質以外にも、抗酸化作用を持つ成分は体内に複数存在しますが、そのどれもが20代をピークに減少していくため、体外から補わなければ老化が促進することになります。

活性酸素の攻撃力を無効化するスーパーオキサイドディスムターゼは、大体20代で体内増加率が60%前後となり、60代を過ぎれば10%にも満たない状態にまで変化します。

つまり20代には活性酸素の処理能力が落ちてしまい、溜まりやすい体へとなっていきますので、このころから体内のアンチエイジングを始めても決して早くはありません。

抗酸化作用の働きを促す物質の取り込みを年代ごとに合わせた方法と量で調節して行えば、体内からの適切なアンチエイジングが可能と言えます。

老化は細胞のコピー機能の衰えで起こるものであり、酸化物質は細胞のコピーを妨害する力を持っています。

若い体を永遠に維持することは不可能ですが、抗酸化物質をきちんと摂取することで細胞コピーの失敗を減らし、老化のスピードを格段に緩めることが可能です。

これにより同年代の人よりも若々しい体を維持することができるでしょう。そのためにも、40代や50代といった老化が目立つ年齢になる前から、適切な方法で活性酸素への対策を行いたいものですね。