疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

疲れや老化をSTOP!活性酸素撃退マニュアル

万病のもと?!活性酸素の原因から除去方法までを徹底ガイド

アスタキサンチン(注目度★★★★☆)

強力な抗酸化作用で活性酸素を除去するアスタキサンチンについて説明しています。

鮭やエビに含まれるアスタキサンチンとは

アスタキサンチンは鮭やイクラなどの天然赤色色素で、1938年に、ノーベル賞を受賞した生化学者リヒャルト・クーンがロブスターから発見しました。

栄養が届きにくい体の細部まで入り込む性質があるため、目や脳の奥までしっかりとどいて、その強力な抗酸化作用で眼精疲労や動脈硬化を予防・改善します。

アスタキサンチンは、自然界に広く分布している成分で鮭やイクラ、カニ、エビ、マダイなどに多く含まれています。もともとは赤色の色素ですが、カニやエビ、マダイではタンパク質と結合して存在しているため、くすんだ色になっています。加熱調理するとタンパク質との結合が分離して、本来の鮮やかな赤色を取り戻します。

体内で合成することができないカロテノイド(天然色素:リコピン、ルテイン、βカロテン、ゼアキサンチンなど)の中でも、アスタキサンチンの抗酸化力は非常に強く、ビタミンEの約1,000倍にもなると言われています。

アスタキサンチンの抗酸化作用

アスタキサンチンは体内で過剰に生産された活性酸素を抑制する強力な抗酸化作用があるため、美白、美肌、視力回復など様々な働きが期待されています。

またアンチエイジングや動脈硬化予防、血流改善などの働きもあります。

  • 動脈硬化・メタボリックシンドローム予防

動脈硬化は活性酸素によって酸化された悪玉コレステロールが、血管壁に沈着して血管を硬くすることで引き起こされます。

アスタキサンチンは活性酸素の発生を抑制・除去する働きがあるため、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールが作られることを防ぎます

肝臓への脂肪沈着を防ぐ効果もあるため、肝炎や肝硬変を予防する効果にも期待が集まっています。

  • 眼の疲労・疾患の改善効果

アスタキサンチンは目の奥など細部にもしっかり入り込む性質があるため、眼精疲労や目の疾患において炎症を抑制する効果があるとされています。

眼精疲労の患者による臨床検査では、アスタキサンチン6mgを4週間摂取した結果、眼の調節機能の改善が認められ自覚症状も改善しました。

最近の研究ではアスタキサンチンが加齢黄斑変性症や緑内障にも改善の効果があるのではないかと期待されています。

  • 美白・美肌効果

アスタキサンチンの強力な抗酸化作用は、肌のハリやシミ・シワの改善にも効果が期待されています。

皮膚は紫外線を浴びると皮下組織で活性酸素を作り、生み出された活性酸素がコラーゲンなど皮膚の組織を破壊するためにハリが失われてシワやシミを作り出します。

コラーゲンの障害によるシワなどの発生は抗酸化物によって予防できることが解っています。

アスタキサンチンは特に皮膚障害を生み出す活性酸素の一重項酸素を除去する働きが強いため、効果的に紫外線による老化症状を予防します。

  • 脳疾患予防にも期待

アスタキサンチンは脳の内部にまで入り込むことができる、数少ない物質です。脳は体の中でも非常に重要な役割をする器官のため、普通の物質は脳の入り口でせき止められて中に入ることができません。

アスタキサンチンが脳に入り込むことによって、脳内の活性酸素による脂質の酸化など、認知症の原因にもつながる活性酸素の働きを抑制する効果が期待できます。

活性酸素はアルツハイマー症のほかパーキンソン病の原因も生み出すと考えられているため、アスタキサンチンはこれらの病気の予防改善の有効な手段になるかも知れません。

活性酸素の原因や対策法をリサーチ

肌の老化や疲れ、生活習慣病などの原因となる「活性酸素」。発生する原因や対策方法、除去におすすめの成分などを徹底リサーチしたサイトです。

おすすめの「活性酸素」対策
 

水素水ランキングBEST3

第1位第1位

「クリスタル水素水」

水素含有量 0.8〜1.59ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら

第2位 第2位

「水素豊富水」

水素含有量1.1ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら

第3位 第3位

「サラスバ」

水素含有量0.6~0.8ppm

水素含有量
こだわり
口コミ評判

詳しくはこちら